ロードバイクをカスタムするコツ

ロードバイクを持つと、そのうち必ず「もっといいものにしたい」という欲がわいてきます。
そうなったときは、買い替えるという事はしないで自分に合うようにカスタムできるのがロードバイクのいいところです。
カスタムするときは、自分が今、持っている自転車でもっと何がしたいかという事をよく考えるといいでしょう。
たとえば、「もっと早く走りたい」と思った時、「タイヤを軽くする」「ギアの比率を変える」「ハンドルを変える」などのという選択があります。
この時、自分の何がしたいかという気持ちや財布、そして知識と相談してどのパーツをどれくらい交換するかを決めます。
ギアの比率の話は初心者だといまいちピンときませんし、姿勢が問題で走れないと感じられたことはないと感じるときは、全体の重量を軽くする方向でカスタムすればいいので、「タイヤを軽くする」というチョイスになるかと思います。
それなりにお金がかかってくると思いますが、一気にやらなくても、物足りないなと思ったら詳しい人に相談しながらパーツを選ぶのがいいでしょう。

自分にあったカスタムロードバイクの作成法

ペダルやハンドルシートに塗装まで、バイクの全てのパーツがオーダー可能なのがオーダーメイドのバイクがカスタムロードバイクです。
ロード型のバイクはバイクの中でも好みが細分化されていて、自分居合わせたサイズに近づけて乗るのが通常で、バイクのできが乗り心地に直結します。
オーダーする手順は、既成品のバイクに乗ってみて、交換したいパーツやサイズを見つけ出すことから始まります。
一回で完全な形に整えるのではなく、何度ものってみて細かい調整を加えていくことが大切で、既成品にない細かい配慮です。
微調整をするためには高い熟練した技術が必要なためカスタムロードバイクの職人はバイク知識が豊富で、顧客からのリクエストをできるだけ実現すべく努力します。
カスタムする際は、乗り心地以前に、バイクが完成するまでの期間や納期などを話し合っておくと、予算だけでなく予定がたてやすいので、ロードバイクをカスタマイズするときには重要事項です。

recommend

杉並区で遺品整理を考える

2018/2/22 更新

ページ先頭へ▲