ロードバイクのメンテナンスを楽にする裏技

高価なロードバイクは、できるだけ長い間乗り続けたいものです。
しかし、何十万円もする高価なカーボン製のロードバイクであっても、メンテナンスを怠っていると、あっという間に汚れてみすぼらしい姿になってしまいかねません。
また、メンテナンス不足により、重大な事故が起こることも懸念されます。
面倒であっても、日々の掃除や点検を日課にしておくとよいでしょう。
面倒なお掃除をできるだけ簡単にする方法として、ガラスコーティングをしておくという方法があります。
車やオートバイには、汚れを防ぐためにガラスコーティングをすることはよくありますが、ロードバイクにおいても有効です。
塗装の表面にコーティングを施すことによって、極薄の皮膜を作り出し、汚れや傷が付きにくくなるというメリットがあります。
汚れたとしても、乾いた布でさっとひと拭きするとすぐに綺麗になるため、手間がかかりません。
新品同様の輝きがいつまでも続くと、お掃除も楽しくなります。

ロードバイクのメンテナンスの必要性

ロードバイクのメンテナンスを自分で出来るようになる事で修理費用等の出費を抑える事が出来る事やよりロードバイクに詳しくなる事が出来るといったメリットがあります。
また、しっかりとしたメンテナンスを行う事で長い期間愛用する事が出来る事からも知識や技術として身に付けておく事が必要とされています。
「汚れを取る」「各パーツのチェックをする」といった事が初心者の方でも手間をかける事なく出来るセルフメンテナンスとなっています。
ボディの汚れを取る際には、必要なくなった柔らかい素材の衣服が良いとされています。
チェーンの汚れを取る場合には、パーツクリーナーを使用する事でサビや汚れの付着を防ぐ事が出来ます。
各パーツのチェックは、ロードバイクはパーツの交換がしやすいといったメリットがある事で数回走るだけでもネジが緩む事があるといった特徴がある事から定期的に行う事が推奨されています。
ネジが緩んでいるとパーツの歪みや自己の原因になる可能性もあるので各パーツをしっかりと確認する事が大切になります。

おすすめWEBサイト

埼玉の貸倉庫検索なら
http://saitama-fact.com/

最終更新日:2016/2/25

ページ先頭へ▲